クラウンクラウン 広告 – トップページ

広告制作会社に勤務しプロデューサーとして広告企画・制作に携わる。2007年株式会社クラウンクラウンを設立し代表取締役に就任。300件以上のプロデュース実績と、幅広いネットワーク、安定感のある仕事ぶりから信頼を得ている。

「合同会社ピークラウン」では、アミューズメント業界を中心に企画提案や、 販促物の作成、アドトラックの提案、タレント派遣系企画、フリーマガジンのデザイン制作を、主な事業内容としております。

クラウンとしては2代目に当たる、S40型クラウンの広告です。 同時期の日産セドリック(130型)がピニンファリーナデザインを取り入れたのに対して、 クラウンはあくまでも社内デザインにこだわって開発されました。 結果、日本人による

■かつての終着点「クラウン」が復活しそうだ

「歴代クラウン新聞広告」ca18のブログ記事です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ! 「歴代クラウン新聞広告」ca18のブログ | ★ca18のページ – みんカラ もっと見る

(報道写真 1979 中日新聞本社 昭和54年2月)武芸には、美しさの中に漲る力が秘められている。伝統が築いた、円熟のクラウン。今見ると、すげぇカッコイイ! フェンダーミラーも逆にオシャレ!