自治体情報システム強靭性向上モデル 無線lan – VOTIRO|セキュリティソリューション|製品情報・ソリューション|ジャパンシステム …

総務省から各自治体に提示されたセキュリティ強化対策を施す「三層の構え」に則った自治体情報システム強靭性向上モデルに基づき、自治体ネットワークにおける様々な課題に対する次なる対策や、最適な構築のポイントをご説明します。

総務省は、2017年7月までに「自治体情報システム強靭性向上モデル」に基づく庁内ネットワークの3分割と、「自治体情報セキュリティクラウド」を完了するよう求めました。本ページで具体的な指示内容

「自治体情報システム強靭性向上モデル」の個人番号利用事務系、lgwan接続系、インターネット接続系において、総務省の発表した要件を満たすことのできる多くの製品をnecでは取り扱っています。 それぞれのカテゴリに対応したnec取扱い製品をまとめまし

今回は非常にホットな話題!「自治体情報システム強靭性向上モデル」におけるsesソリューションについてご紹介します。 まずは簡単に「自治体情報システム強靭性向上モデル」を説明いたしますと、年金情報流出や2015年10月 []

そして、強化の具体的な指針として、「自治体情報システム強靱性向上モデル」と「自治体情報セキュリティクラウドの構築」を示しました。 富士通では、国の求めるセキュリティ要件とその対策を検討、地方自治体の情報セキュリティ強靱化に寄与する

[PDF]

3 別添1 総務省「自治体情報セキュリティ対策検討チーム報告書(平成27年11月2 4日)」における「自治体情報システム強靭性向上モデル」の要件を満たす庁内ネッ トワークシステムを整備すること。(※別添1は、資料提供を希望する参加表明者に

連載目次 「自治体情報システム強靭性向上モデル」とは? 2016年1月から、マイナンバーの運用が開始されました。

[PDF]

本事業は総務省の示す「自治体情報システム強靱性向上モデル」(補助金 ¡:地方公 共団体情報セキュリティ強化対策費補助金)を導入すべく、現行の情報系ネットワーク をlgwan 接続系とインターネット接続系に分割し、マイナンバーによる情報連携に

[PDF]

(b)自治体ネットワークとの整合性はどう考えるとよいか? 各自治体がネットワークの強靭化に向けた検討を始めています。 先行自治体へのヒアリングでは、学校ネットワークについては、引き続き学校に特化し (c)自治体の情報セキュリティ

セキュリティ対策の基本は総務省資料の「三層の構え」 にあり!

自治体情報システム強靱性向上モデル を導入するための ネットワーク分離と情報漏えい対策. 総務省の自治体情報セキュリティ対策検討チームが11月に発表した「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化に向けて(報告)」では、マイナンバー制度が施行されるまでに、庁内の住民基本

導入の背景には、総務省が提言する「自治体情報システム強靭性向上モデル」で二要素認証が推奨されていたこと、県としてマイナンバーカードの利用方法を模索していたことなどが挙げられる。

[PDF]

市長部局においては「自治体情報システム強靭性向上モデル」に対応したネットワークへ移行し ていることや,文部科学省「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン(平成29 年)」

自治体情報システムの強靭性向上事業の 必須要件. 二要素認証とusbメモリの制限で 情報の流出を徹底防御. マイナンバー制度の運用が始まり、住民(個人)情報を扱う自治体においては、情報流出に対する徹底した対策が求められています。

無線lanで仮設消防庁舎と消防本部が移転した教育センターをつなぎ消防機能のいち早い復旧を実現。に関するサイト。導入事例のコンテンツをご紹介。

結成日: Aug 05, 1978

同発表によると、昨今、総務省からの「自治体情報システム強靭性向上モデル」ガイドラインに準じてlgwan環境のセキュリティ確保に資するため

[PDF]

「システム全体の強靭性の向上」確保のための『三層の構え』 新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化に向けて 総務省が打ち出した自治体情報セキュリティ強靭策 11 来訪者用無線 lanを管理

[PDF]

調布市情報システム強靭性向上のためのインターネット接続系分離に係る製品の選定 強靭性向上モデル」を提示し,全自治体がこれに対応することを求められているところで 接続系lanのメールサーバに転送すること。

[PDF]

(2)「自治体情報システム強靭性向上モデル」を各自治体に示し、その取組を支援 (3)「自治体情報セキュリティクラウド」の導入 (都道府県ごとにインターネット接続口を集約化し、監視機能を強化)

業務の利便性向上を目的に、庁内に無線lanを導入したい 「藤沢市では2017年5月から国の自治体情報システム強靭化モデルに準拠するために、ネットワーク分離を実現していました。 一方で、職員の業務利便性向上を目指し、本庁舎には無線lanを導入

サイボウズのグループウェアは、日々の情報共有はもちろん 災害時における bcp 対策や情報システム部門の担当者人事異動など、自治体ならではのニーズにもしっかりと対応。全国各地の自治体の情報共有基盤として採用され、高い評価をいただいています。

マイナンバーの情報連携に際し、自治体に求められる情報セキュリティ強靱化。富士通は豊富な実績とノウハウで、情報セキュリティ全体を俯瞰し、総務省が提言する「情報システム強靱性向上モデル」要件を満たす、具体的な対策を提示します。

そんな茨城県では、総務省が各自治体に対して2017年7月までに実施を求めていた、庁内ネットワークの3分割および適切な強靭化の実施が喫緊の

[PDF]

本市のネットワークは、「自治体情報システム強靭性向上モデル」に基づき、「三 層の対策」を徹底している。 新庁舎においては、来庁者向けのサービスである公衆無線lan を加え「3+1」 の用途に大別す

[PDF]

おうみ自治体クラウド・キッティング仕様書 p a g e 湖南市 pc導入作業要件 1 動作環境 ①自治体情報システム強靭性向上モデルに基づく庁内ネットワーク三分化対応のため、

自治体情報システム強靱性向上モデルの影響で足踏みする、テレワークの導入. 一方、マイナンバーを活用した自治体間の情報連携の試行運用が2017年7月からスタートした。

自治体情報システム強靱性向上モデルへの対応. 自治体強靭化モデルに対して、ジャパンシステムでは4つのソリューションをご提案いたします。これらの4つのソリューションは、個別での導入も可能です。ネットワーク分離と情報漏えい対策について、詳細

サイバー攻撃の脅威が増すなか、マイナンバー導入に伴う自治体情報セキュリティ強化対策として、市区町村は「自治体情報システム強靭性の向上」への対応を、都道府県は「自治体情報セキュリティクラウドの構築」を求められています。

自治体のセキュリティ強靭化対策. 2017年7月からスタートするマイナンバーを活用したオンラインの情報連携。 総務省では自治体における情報システム強靱化に向けた指針を示し、セキュリティ対策強化への取り組みを求めている。

近年、無線lanのセキュリティ機能や通信速度のレベルが向上しています。また、災害時の通信ネットワークとしても注目されていることから、自治体の庁舎や施設、地域に無線lanを整備する自治体が増えて

2015年6月に発生した国内公共機関での大規模な情報漏えい事案を発端に、総務省は自治体に対して自治体情報システム強靭性向上モデルを提唱し

同時に市の機構改革や国の法制度改正などがあるたび、大幅に構成を変更しなければなりません。最近では、マイナンバー制度の施行に向けて、自治体情報システムの強靭性向上モデルへの対応を迫られて

(2)愛媛県四国中央市児童見守りシステム(保護者連絡網システム)の概要 遠隔医療の推進方策に関する懇談会 地域雇用の安定化に資するICT利活用モデルの効果検証 地域公共ネットワークに係る標準仕

[PDF]

新システムでは、構築時、次のネットワーク等を利用する。 ・マイナンバー系ネットワーク ・LGWAN系ネットワーク ・戸籍ネットワーク 総務省が示した「自治体情報システム強靭性向上モデル」に準拠するため、

自治体セキュリティ関連銘柄とは 日本年金機構の情報漏洩事故を受けて、総務省は各自治体に対して「自治体情報システム強靭性向上モデル」と「自治体情報セキュリティクラウド」の実施を求めました。 2016年3月には地方自治体のセキュリティ強化を目的に約236億円に上る補助金を交付して

2015年に総務省から出された通知は、近年急増する標的型攻撃などによる情報漏洩リスクへの対策として、『自治体情報システム強靭性向上モデル』に基づいて、住民情報などを管理する基幹系システムのネットワーク、庁内業務系のネットワーク

2015年6月に発生した国内公共機関での大規模な情報漏えい事案を発端に、総務省は自治体に対して自治体情報システム強靭性向上モデルを提唱し

エンカレッジ・テクノロジのファイル無害化ソリューション「ESS FileGate(EFG)」が出荷開始となった。本ソリューションは、組織のLANをインターネットから分離した環境で、内外のファイルの受け渡しをセキュアに行うことができ、総務省の「自治体情報システム強靭性向上モデル」で示された

[PDF]

用性に課題を抱えている為、安定した無線lan環境の構築を行う必要がある。 並びに、総務省が提示する「自治体情報セキュリティ強化対策事業」(以下 「強靭化モデル」という。)を本市においても実現するため、「強靭化モデル」

[PDF]

・CSIRT2 の強化 ・自治体情報システム強靭化向上モデルの適用 新たな情報セキュリティ対策の抜本的強化 攻撃リスク低減のための抜本的強化対策 Ⅰ. 今後の取り組み(庁内ICT環境の整備) 庁内の情報システムに関し ,業務・システムの見直しを行い ①

自治体セキュリティ関連銘柄とは 日本年金機構の情報漏洩事故を受けて、総務省は各自治体に対して「自治体情報システム強靭性向上モデル」と「自治体情報セキュリティクラウド」の実施を求めました。

[PDF]

総務省が提示する「自治体情報セキュリティ強靭性向上モデル」を もとに,当市のネットワークを情報資産の分類ごとに,以下の3つの ネットワークに分離する。 分類 概要 個人番号利用事務 系LAN 住基,税等の個人番号を取り扱うシステムのネット ワーク

具体的な導入事例などで、自治体が無料Wi-Fi導入を検討する際の手順や観点などを解説していきます。インバウンドへの対応・行政サービスの向上など、Wi-Fi導入の必要性が検討される際の参考にしてくだ

自治体情報システム強靭性向上モデル対策セミナー - 新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化に向けて -。統合型エンドポイントマネジメントのLanScope CatはIT資産管理/情報漏えい対策/マルウェア対策/ライセンス管理の課題を解決する充実した機能とサポート/サービスを提供し

[PDF]

年11月には、総務省が「自治体情報システム強靭性向上モデル」などセキュリティの抜本的強化策を 公表するなど、自治体における対策が急務となっております。 総合行政情報システム. WebRings. をはじめ多くの自治体との取引に実績を有するアイネスは

2016年5月に開催いたしました「自治体情報システム強靭性向上モデル対策セミナー」の更新を図ると共に、8月文部科学省より通達されました

2015年度に総務省が示した「自治体情報システム強靭性向上モデル」により、全国の自治体が一斉にセキュリティの仕組みを強化しました。 当時はPCのローカルセグメントはLGwanがベースになっており、インターネットリスクを回避するにはインターネット側

[PDF]

ら全国の自治体に要請があったのが『インター ネット分離』でした」 2015年に総務省から出された通知は、近年急 増する標的型攻撃などによる情報漏洩リスク への対策として、『自治体情報システム強靭性 向上モデル』に基づいて、住民情報などを管理

[PDF]

総務省が推進する、自治体情報システム強靭性向上モデルは他の産業界でも採用が進んでいます。このモデル では内部のネットワークを外部のネットワークと分離しますが、この環境下で安全なデータファイルの授受が課 題となっています。

2015年6月に発生した国内公共機関での大規模な情報漏えい事案を発端に、総務省は自治体に対して自治体情報システム強靭性向上モデルを提唱し

『自治体情報システム強靭性向上モデルへの対応に伴う電子申請システムの添付ファイルの無害化対応について』 『マイナンバー総合運用テストについて』 第2回: 平成28年7月4日 『ネットワークの基礎について』 『平成28年度共同調達の振り返り』

[PDF]

自治体情報 セキュリティ クラウド インター ネット ファイアウォール lgwan接続ルータ lgwanはインターネットから切り離された行政専用の閉域なネットワーク です。地方公共団体がlgwanに接続する際には、自治体情報システム強靭

「自治体情報システム強靭性向上モデル」への対応に向け、個人番号利用事務で使用する端末は、二要素認証の適用が必須要件となっています。 また、学校教育におけるict活用に向けて、学校無線lanソリューションをご紹介いたしました。 自治体間の

LanScope Catを導入したお客さまの事例をご紹介。統合型エンドポイントマネジメントのLanScope CatはIT資産管理/情報漏えい対策/マルウェア対策/ライセンス管理の課題を解決する充実した機能とサポート/サービスを提供します。

総務省が推進する自治体情報システム強靭性向上モデルは、金融業界、社会インフラ系企業、教育委員会など他の産業界でも採用が進んでいます。このモデルでは、内部のネットワークを外部のネットワークと分離しますが、この環境下で安全なデータ

[PDF]

本市では、自治体情報セキュリティ強化対策業 における自治体情報システム強靱性向上に 向けた各種対策の実施を予定しています。現在、その対策を行うにあたって、今後利用する端 末環境の方向性について様々な方式の中から最適な環境を検討中です。

おかやまIT利活用指針(2.0版) (2019年3月29日更新) 岡山県土木部関係のシステム機器における情報セキュリティの確保について (2019年12月20日更新); オープンデータカタログサイト (2019年12月2日更新); 岡山県大容量ファイル転送システム構築業務に係る一般競争入札の結果について (2019年10月28日

総務省の補助金を利用した自治体でのセキュリティ強化の取り組みが本格化してきた。各都道府県が整備する「自治体情報セキュリティクラウド」では、事業者が続々と決まっている。対策の完了リミットは、マイナンバーを利用した情報連携に自治体が加わる2017年7月より前である。

[PDF]

情報セキュリティクラウドなど外部のSOCでインシデントを検知した場合の 対応能力の向上。 庁内システム 外部SOCの担当者 原因 自治体の担当者 どれ?どこ? ・インシデントの連絡 ・調査依頼 解析 x月x日x時に異常 な通信があった! 検知 ログ通知 対処

「自治体情報システム強靭性向上モデル」への対応に向け、個人番号利用事務で使用する端末は、二要素認証の適用が必須要件となっています。 自治体間の情報連携開始を2017年7月に控え、各自治体では総合運用テストに向けた準備が進められています