鹿又秀聡 – 標準仕様への期待

名古屋大学大学院生命農学研究科林学専攻博士課程

所属 (現在):国立研究開発法人森林研究・整備機構,森林総合研究所,主任研究員 等, 研究分野:森林科学,森林科学, キーワード:チェーンソー用防護服,事業体経営,森林管理・政策,主伐,間伐,搬出,都道府県,再生プラン,国産材,人工林, 研究課題数:2, 研究成果数:10

国立研究開発法人 森林総合研究所 林業経営・政策研究領域 研究員(2015年度) 推定関連キーワード:径級分布,システム収穫表,地位指数,国産材,間伐材利用 推定分野:環境学,建築・土木工学

林業・政策研究領域 鹿又 秀聡. 森林管理研究領域 細田 和男. 3. 受賞理由 「林業経営収支予測システム(forcas)の開発」に対して: 4. 受賞理由の簡単な紹介

[PDF]

鹿又秀聡Hidesato Kanomata 国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所 林業経営・政策研究領域林業システム研究室 305-8687 茨城県つくば市松の里1 Phone:029-829-8324 FAX :029-873-3799 E-mail:[email protected]

(*) 鹿又 秀聡は 2009 年 10 月 に 本所 に 異動しました。 (*) 齋藤 英樹は 2011 年 11 月 に 本所 に異動しまし た。 (*) 山田 茂樹は 2014 年 4 月 に 本所 に異動しまし た。

大日本山林会 林業経営“創意工夫”表彰優秀賞(松本 光朗・鹿又 秀聡・細田 和男) 林業経済学会奨励賞(宮本 基杖) 第13回森林立地学会誌論文賞(島田 和則・勝木 俊雄)

森林計画学会出版局 <ご購入> 森林計画学会出版局の出版物をご購入の際は,出版局へお問い合わせの上,著者より直接

森林 GIS フォーラム平成 27 年度 地域シンポジウム in 長野1.シンポジウムの主旨:森林GISはここ十年で急速に普及し、都道府県や森林組合、森林を所有する企業等で導入され、森林管理の効率化が図られています。森林

森林GISとは、森林基本図や森林計画図、森林簿といった森林情報を基に構築したGISのことで、2010年にはすべての都道府県で導入されている。森林GISは市町村や民間事業体等への導入も期待されているが、人材不足やコスト

金山町における「住宅用木材の自給構造」の成立要因 奥田 裕規 , 久保山 裕史 , 鹿又 秀聡 [他] , 安村 直樹 , 村松 真

[PDF]

横田康裕*2・鹿又秀聡 *3・平野悠一郎 ・北原文章*4・齋藤英樹 *3・高橋正義 ・都築伸行 横田康裕・鹿又秀聡・平野悠一郎・北原文章・齋藤英樹・高橋正義・都築伸行:九州地方におけるコンテナ苗生産の課題 九州森林研究

森林系技術者コーナー 伐出見積もりシステムの開発 : 搬出間伐の現状と将来のシミュレーション 鹿又 秀聡

[PDF]

鹿又 秀聡 国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所 林業経営・政策研究領域 林業システム研究室 高橋 伸幸 群馬県森林組合連合会 総務部⻑ 露木 聡 東京大学大学院農学生命科学研究科 農学国際専攻 地球生物環境学講座

図-1 スギ・ヒノキ中丸太価格の推移 (出典:農林水産省統計部) 図-2 日本の伐採面積及び素材生産量の推移 (出典:農林水産省統計部) 伐採面積の減少に比べて、素材生産量が減少していないのは、皆伐ではなく間伐による生産量が増えてきたことが理由と考えられる。

タイトル: ここまでやれる多雪地域の再造林の低コスト化: 担当機関 (国)森林総合研究所: 研究課題名: 研究期間

鹿又 秀聡 八木橋 勉 駒木 貴彰 大石 康彦 北原 文章: 発行年度: 2015: 要約: コンテナ苗の普及・定着に向けて東北地方と関東地方で植栽試験を行い、普通苗との成長比較を行いました。

所属 (現在):国立研究開発法人森林研究・整備機構,森林総合研究所,主任研究員 等, 研究分野:森林科学, キーワード:チェーンソー用防護服,事業体経営,森林管理・政策, 研究課題数:1, 研究成果数:6

多様な時空間スケールに対応可能な森林計画策定支援システムの検討 , 中島徹、中島譲、広嶋卓也、龍原哲、白石則彦、光田靖、鹿又秀聡、北原文章、田中真哉、松本光朗、岡勝 , 木材利用システム研究 , 3 , 23-26 , 2017年9月 , 査読有り

[PDF]

鹿又秀聡 *2 ・ 山田茂樹 鹿又秀聡・山田茂樹:新生産システムに向けた森林組合の増産体制への取組み 九州森林研究 61:55−56,2008 2006年度から林野庁 の新生産システム推進対策事業がスタートした。

[PDF]

光田靖1 ・鹿又秀聡2 ・松本光朗3 (受付2013 年1 月1 日;採択3 月12 日) 要旨 森林炭素動態シミュレーションシステムを用いてシミュレーションによる気候変動リスク評 価を試行した.森林炭素動態シミュレーションシステムは森林データベースと林分成長

森林総合研究所,林業経営・政策研究領域,林業システム研究室,鹿又秀聡 自由記載: 森林技術(日本森林技術協会)、840:34-38 業績種別: その他 課題 (1)B 国産材の安定供給のための新たな素材生産技術及び林業経営システムの開発; パーマリンク

自伐林家の「責務」と「楽しみ」 興梠 克久 国民と森林/pp.2-6, 2015-3; 新しい集落営林への道程-静岡県の自伐林家グループの事例-

[PDF]

標準仕様への期待 鹿又秀聡 (国立研究開発法人 森林総合研究所)

[PDF]

事務局長 鹿又秀聡 森林総合研究所 事務局(会計) 宮本麻子 森林総合研究所 地区委員及び会計監査については調整中 8.その他 規約について現状と合わない事項も出てきたこと、また、現在の規約では郵便

[PDF]

「林業の採算性から再造林を考える」鹿又秀聡(森林総 研):森林 gis を活用した皆伐収支や再造林費用を推定す る手法を紹介、再造林を実施するための条件を検討。 「コンテナ苗と下刈り省略で再造林の低コスト化」渡辺

[PDF]

平成30年度 「国有林における収穫調査等の効率化 手法実践体制構築委託事業」 報 告 書 平成31年3月 林 野 庁

野宮治人,山川博美,重永英年,鹿又秀聡,松井郁弥,佐藤太亮,堀田信広,2014年03月,150cmのスギ大苗はシカ食害対策として有効か?,第125回日本森林学会大会,さいたま

Jul 12, 2016 · 中島徹、松本光朗、鹿又秀聡、竹添勝俊、広嶋卓也、龍原哲、白石則彦、李定洙 The estimation of plantation forest resources focusing on the long rotation silvicultural practices in the management unit level: A case study in First Memorial Forest of Ise Jingu. 九州森林研究 60: 6-8

木材利用システム研究会では年一回、木材の加工・流通・利用分野に関する「マーケティング」「環境・経済評価」「政策」などを対象とした研究報告などを掲載する機関誌「木材利用システム研究」を発

著者: 広嶋卓也・中島徹・鹿又秀聡 所属: 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林生態水文学研究所 抄録: 森林・林業基本計画は,2020年における国産材の生産目標を3,200万m 3 としている。この目標を達成するには,間伐材の利用量を増やす必要がある

再造林の低コスト化を進めていくために : 国産材の安定供給を目指して [in Japanese] 鹿又 秀聡. 木材情報 (283), 13-16, 2014-12

[PDF]

鹿島潤・鹿又秀聡・都築伸行(森林総研)・興梠克久(筑波大)・ 岡勝(鹿児島大) 2 15:45~16:00: チェンソー伐倒作業における安全対策について~作業の分解と再構築を通して~

鹿又秀聡( 2017 )森林 GIS のクラウド化に関する現状と展望. 『林業経済』, Vol.70, No.7, p.11-27. 松村直人・野々田稔郎( 2015 )スマート林業を実現する新たな森林管理システム e-forest の設計. 『三重大学大学院生物資源学研究科紀要』, 第 41 号, p.35-42.

[PDF]

平成30年度 「国有林における収穫調査等の効率化 手法実践体制構築委託事業」 報 告 書 平成31年3月 林 野 庁

Jul 12, 2016 · 中島徹、松本光朗、鹿又秀聡、竹添勝俊、広嶋卓也、龍原哲、白石則彦、李定洙 The estimation of plantation forest resources focusing on the long rotation silvicultural practices in the management unit level: A case study in First Memorial Forest of Ise Jingu. 九州森林研究 60: 6-8

林業労働者の動向と「緑の雇用」 興梠 克久 林経協季報 杣道/(51)/pp.7-10, 2018-12; 転換期の森林保険 興梠 克久

木材利用システム研究会では年一回、木材の加工・流通・利用分野に関する「マーケティング」「環境・経済評価」「政策」などを対象とした研究報告などを掲載する機関誌「木材利用システム研究」を発

中村松三・今冨裕樹・重永英年・鹿又秀聡・山川博美 森林総合研究所 2013年3月 ISBN:978-4-905304-21-0 森林・林業の再生:再造林コストの削減に向けて

宇都宮大学 森林工学研究室、栃木県 宇都宮市 – 「いいね!」249件 · 24人が話題にしています · 26人がチェックインしました – 宇都宮大学農学部森林科学科 森林工学研究室 Laboratory of Forest Engineering, Utsunomiya Univ.

[内容]基調講演:森林情報の現状 鹿又秀聡((独)森林総合研究所) 事業説明:事業概要、森林クラウドによる情報共有のイメージ (質疑応答含む)

多様な時空間スケールに対応可能な森林計画策定支援システムの検討, 中島徹、中島譲、広嶋卓也、龍原哲、白石則彦、光田靖、鹿又秀聡、北原文章、田中真哉、松本光朗、岡勝, 木材利用システム研究, 3, 23, 26, 2017年09月, 査読有り

[PDF]

鹿又秀聡 森林総合研究所 林業経営 政策研究領域 主任研究員 「林業の採算性から再造林を考える」 人工林の成熟とともに木材生産は、これまで以上 に皆伐にシフトすると考えられる。森林資源の持 続的利用を考えれば、皆伐後に再造林を行うこと

農林水産研究に関する国内の論文・情報が探せる データベース(アグリナレッジ) A database providing information on agricultural

[PDF]

(森林gisフォーラム事務局 鹿又秀聡) 2)林地台帳関連事業の概要説明 (林野庁) 3)林地台帳の利活用 (一般社団法人日本森林技術協会 ) 4)geospace電子地図、航空写真を活用した林地台帳の精度向上について (ntt空間情報株式会社)

[PDF]

鹿又秀聡 (森総研 10:50 t2-5 藤野正也(山梨県富士山科研)ほか 引用ネットワークを用いた林業経済学の学術俯 瞰 11:15 t2-6 峰尾恵人(京都大) 林業経済学の総括と「新しい林政学」の構想 11:40 総合討論 12:10 昼食休憩 11:55 昼食休憩 11:55 昼食休憩 峰尾恵人 京都大

[PDF]

鹿又秀聡 森林研究・整備機構森林総合研究所 林業経営・政策研究領域 林業システム研究室 高橋伸幸 群馬県森林組合連合会 総務部長 露木聡 東京大学大学院農学生命科学研究科 教授 (モデレーター) 大萱直花 一般社団法人日本森林技術協会

[PDF]

九州支所 森林資源管理研究グループ 鹿又秀聡 企画部 上席研究員 杉村 乾 平成14~18年度合計予算額 37,357千円 (うち、平成18年度予算額 8,055千円) ※上記の予算額には、間接経費 8,557千円を含む

要旨. 本論文の目的は,2004年1月富山県小矢部市子撫川ダム近傍のスギ林において発生した冠雪害に関するリスク解析である.冠雪害は偶発的に発生するわけではなく,気象要因,地形要因,立木の特性などによりその発生確率が変化することが,多くの先行研究により指摘されている.そこで

jafta(日本森林技術協会)は、「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(クリーンウッド法)における登録実施機関として、木材関連事業者の確認及び登録業務を実施します。

※日本の研究.com内の研究課題情報に記載されている所属情報などをもとにタイムラインを自動生成してるため、 実際の経歴とは異なります。 正確な情報については、研究機関や研究室などで公表されている情報をご確認ください。

[PDF]

鹿又 秀聡 ※森林土壌の炭素吸収量評価モデルの開発 高橋 正通 田中 永晴 小野 賢二 酒井 寿夫 ※木材利用部門における炭素貯蔵量評価モデルの開発 外崎 真理雄 恒次 祐子 有馬 孝礼 林 和男 ※CDMによる森林の炭素吸収量評価手法の開発 森川 靖

Oct 07, 2019 · 森林資源管理と数理モデル vol. 3, -formath tsukuba 2003-(鹿又秀聡・吉本敦 編), 14-46, 森林計画学会出版局, 東京. [79] 栁原宏和・吉本 敦 (2005). 単純同齢林における林木成長パターンのクラ

国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 鹿又 秀聡 氏 株式会社エフバイオス 山林部森林調査室 大久保 敏宏 氏 林野庁 四国森林管理局 森林整備部 技術普及課 課長補佐 安藤 暁子 氏

鹿又 秀聡 独立行政法人森林総合研究所, 林業経営・ 政策研究領域, 主任研究員 (00353649) 都築 伸行 独立行政法人森林総合研究所, 林業経営・ 政策研究領域, 主任研究員 (00353772) 岡 勝 鹿児島大学, 農学部, 教授 (00353623) 研究期間 (年度)

遠藤日雄・鹿又秀聡・肱黒直次・藤掛一郎・堀靖人・餅田治之・山本伸幸(2011)「新生産システム政策の展開と帰結(前編)」林業経済Vol.64-7,1-18頁; 山本伸幸(2011)「歴史に学ぶということ」森林総合研究所関西支所研究情報Vol.102,1頁

[PDF]

本研究の成果は,森林総合研究所の松本光朗氏,鹿又秀聡氏をはじめとする多くの方々と の共同研究によるものです。この場を借りまして,厚く御礼申し上げます。 木材供給実績量(千m3/年) 木材供給可能

Amazonで鹿又秀聡, 吉本敦の森林資源管理と数理モデル vol.3―FORMATH Tsukuba 2003。アマゾンならポイント還元本が多数。鹿又秀聡, 吉本敦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また森林資源管理と数理モデル vol.3―FORMATH Tsukuba 2003もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

森林研究・整備機構 鹿又 秀聡 氏 林野庁 森林整備部計画課 立原 泰直 氏 静岡県志太榛原農林事務所 森林整備課 森林環境班 吉永 知恵美 氏 院庄林業株式会社 水野 大二郎 氏 豊田市 森林課 深見 隆之助 氏. 前提

Author:上村佳奈,落合幸仁,山田健,鹿又秀聡. Comparing wind data at local meteorological stations and in forested areas using roughness length and topographic exposure indices FORMATH Tokyo 2009,9:135-152 2010 Author:Kamimura, K., Saito, S.